2016/04/27 Category:イタリア Category:受賞・雑誌掲載情報

プピッレの「サフレディ」が快挙!!ジェームス・サックリング氏が選ぶ「スーパートスカーナトップ10」にランクイン、さらに、トップ10の中で唯一100点満点を獲得!!!

 supersupertuscans.jpg

世界的に著名なワイン評論家ジェームス・サックリング氏が選ぶ「スーパートスカーナトップ10」が香港の雑誌『Hong Kong Tatler』に掲載され、ファットリア・レ・プピッレの「サフレディ」2012年ヴィンテージが最高の評価を受けました!!トップ10に選ばれただけでなく、トップ10で唯一、100点満点を獲得しています!!

 
<トップ10(獲得ポイント順)>
 
100 points  ファットリア・レ・プピッレ サフレディ2012 
99 points  マッセート 2012 
99 points  トゥア・リータ レディガフィ 2012 
99 points  ドゥエ・マーニ カベルネ・フラン コスタ・デッラ 2012 
99 points  マルケージ・アンティノリ ソライア 2012 
98 points  ペトローロ ガラトローナ 2013 
98 points  マッツェイ シエピ 2012 
98 points  カステッロ・ディ・アマ ラッパリータ 2011 
97 points  カステッロ・デイ・ランポッラ ダルチェオ 2011 
97 points  セッテ・ポンティ オレーノ 2013 
 
 ジェームス・サックリング氏は、アメリカの有名専門誌『ワインスペクテーター』の元副編集長としても知られる人物です。同誌を退職後は"jamessuckling.com"という自身のサイトを運営し、テイスティングリポートなどの情報を発信しています。
 
サックリング氏は2015年にサフレディ2012年ヴィンテージを何度もテイスティングしたようで、「その度に、このワインのクリアで複雑な味わい、何杯飲んでも全く飽きることのない味わいに驚かされ続けた」と、最大級の賛辞を送っています。サフレディ2012年ヴィンテージは、サックリング氏が世界中のワインから選ぶ「2015年トップ100ワイン」のトップ10にもランクインしています。
 
ファットリア・プピッレは2011年からコンサルタントに天才エノロゴと称される新進気鋭のルカ・ダットーマ氏を迎え、プピッレのオーナーの長女クララさんによると「クリーンなスタイルの味わいになった」ということです。このことも今回の高評価に繋がったものと思われます。
 
 
 
「生涯をかけ、この地で偉大なワインを」 エリザベッタ氏の思いが生んだサフレディ
 
 Fattoria_Le_Pupille_02-02.jpgのサムネール画像
 

ファットリア・レ・プピッレは、マレンマ地方モレッリーノ・ディ・スカンサーノを代表するプレミアムワイナリーです。その歴史は、たった2haの畑から始まります。

1960年代、現オーナーであるエリザベッタ・ジェペッティ氏の義父アルフレッド氏は、スカンサーノ村ペレタ地区にある2haの畑を購入し、自家消費用や顧客贈答用としてワインを造り始めました。ボルドーワイン好きだったアルフレッド氏は、友人で当時アンティノリの醸造責任者だったジャコモ・タキス氏に相談し、サンジョベーゼの木の一部を伐採し、カベルネ・ソーヴィニヨンを接ぎ木していましたが、ワイン造りはあくまで趣味の一環でした。

1985年、転機が訪れます。実の親のように慕っていた義父がなくなったこの年、エリザベッタ氏はこのワイナリーを受け継ぐことを決意し、「この地で偉大なワインを造りたい、その目標に生涯をかけよう」という思いを抱きます。

当時エリザベッタは弱冠20歳。若い女性がワイナリーを経営するには、想像を絶する苦悩が待ち受けていました。

しかし、義父の古くからの友人、ジャコモ・タキス氏にアドバイスをもらうという幸運に恵まれ、タキス氏に一からワイン造りを教わります。

そして1987年、カベルネ・ソーヴィニヨン100%のフラッグシップワイン「サフレディ」をリリース。振興地マレンマのスーパートスカーナとして注目され、90年代には早くも世界的評価を得るまでに成長します。現在では各国トップレストランのワインリストに加わり、2004年ヴィンテージがワイン・スペクテーター誌で97点を獲得するなど、その地位をゆるぎないものとしています。

1992年にモレッリーノ・ディ・スカンサーノ協会が設立されたとき、エリザベッタ氏はその功績を認められ、初代会長に任命されました。徐々に畑を拡大し、現在は、スカンサーノとマリアーノの間に点在する75haの畑を所有しています。

また、コンサルタントには、これまでクリスチャン・ル・ソメール氏(元シャトー・ラトゥール、ドメーヌ・バロン・ド・ロートシルトの海外ワイナリー担当)、リッカルド・コルタレッラ氏が、そして現在、天才エノロゴと称される新進気鋭のルカ・ダットーマ氏が就任しています。

 
ファットリア・レ・プピッレ サフレディ2012 希望小売価格(外税) 12,500円
(I.G.T. マレンマ・トスカーナ) 
 

 

« 前の記事 |  このブログのトップへ  | 次の記事 »