2013/12/05 Category:テイスティングレポート

ガラトローナ6ヴィンテージ垂直テイスティング!

 今回は贅沢にもトスカーナの高級ワイン、ペトローロの「ガラトローナ」2005年~2010年の6ヴィンテージを垂直テイスティングしてみました。
 
 2013-12-05 15.58.16.jpg
 
 
ペトローロ ガラトローナ (IGTトスカーナ)
希望小売価格 12,000円
 
 ガラトローナはメルロー100%でつくられていることから、同じくメルロー100%の高級ワインであるシャトー・ペトリュースに例えられ、「トスカーナのペトリュース」と呼ばれることもあり、有名誌でも非常に高い評価を得ているワインです。
 
2010年 WA:96  WS:94 GR:3グラス
2009年 WA:94  WS:90 GR:3グラス
2008年 WA:93+ WS:95 GR:3グラス
2007年 WA:95+ WA:98 GR:3グラス
2006年 WA:95  WA:96 GR:3グラス
2005年 WA:93  WS:93 GR:3グラス 
 
WA=ワイン・アドヴォケート誌(パーカーポイント) ※100点満点
WS=ワイン・スペクテーター誌 ※100点満点
GR=ガンべロ・ロッソ ※3グラスが満点
 
何年も3グラスを取り続け、90点以上の評価をされるワインはそう多くはありません。本当に凄いことです・・・。
 
 
 では、ヴィンテージごとのコメントです。
 
2010年 【パワフル】 厚みのある味わい。イチゴチョコレートのような甘い香りが印象的。2010年は大変に良い年で、それを感じさせるがっしりとした味わい。
 
2009年 【エレガント】 フレッシュで華やか。カシス、ブラックベリー、ピーマンなどの香り。とても明るく、鮮やかな印象。若々しい果実味。2009年は比較的涼しい年。
 
2008年 【パワフル】 06年と似ている。共通したミントのような清涼感のある香りが感じられる。06年より若々しく、酸味・タンニンがいきいきとしている。タンニンは06年よりも細やかでエレガントな印象があり、熟成したら06年よりもむしろ07年に近づいていきそうな予感も。
 
2007年 【エレガント】 「高嶺の花の美人」という印象。非の打ちどころなく整っていて、引締まった味わい。今回の6ヴィンテージで最も評価が高いのもうなずける。熟成感と若々しさのバランスがとても良く、今飲んで大変美味しい。しかしながら、まだまだ発展していきそうな、奥に秘められた存在感を感じる。
 
2006年 【パワフル】 がっしりした味わい。08年と同様にミントのような清涼感のある香りがあり、06年のほうがやや強めに出ている。08年と比べると酸味がだいぶ落ち着いてきていている分、後味にタンニンをやや感じるが、もうじきタンニンもこなれ始めて熟成期に入って行きそうな予感。熟成から来るバルサミックな香りが感じられる。
 
2005年 【エレガント】 熟成期を迎え、こなれた味わい。酸味、タンニンともに落ち着いている。枯れたニュアンスが感じられ、熟成から来るバルサミックな香りが感じられる。キノコや紅茶、葉巻などの複雑で奥深い香りや味わい。
 
 1年ごとにエレガントとパワフルな年になっているのが興味深いです。
 
 さて、どれが飲み頃かと言いますと・・・。
 
 お好みにもよりますが、2005年が今一番の楽しみ時かもしれません。2005年は開けてすぐはやや閉じこもった感じで、木の香りや紙粘土のような香りがややありますが、大きめのグラスに注いでゆっくりと飲んでいるうちに、次第にキノコや紅茶、葉巻などの複雑で奥深い香りや味わいが感じられるようになります。
 
 次いで2006年と2008年でしょうか。この2つのヴィンテージは今飲むとキャラクターがとても似ているように感じられます。それぞれエレガントな年で、ミントの香りが共通して感じられます。2006年は落ち着いた印象で、やや熟成感が感じられます。2008年は若々しく、フレッシュな酸味や果実味が感じられます。ここから先はお好みになりますが、どちらも今飲んで十分美味しくいただけます。(ただ、2008年はこれから先どう熟成していくのか、それを見てみたいような気もします。)
 
 2009年と2010年は発展途上でとても若々しく、飲み頃のピークを迎えるのは先になりそうですが、フレッシュで活き活きした果実味がお好みでしたら今からでも十分にお楽しみいただけると思います。
 
 ちなみに2007年は非常に良いのですが、残念ながら既に完売しております・・・。2005年ヴィンテージも間もなく完売となりますので、どうぞお早めにお求めください。
 
 こうして比較してみるとそれぞれのヴィンテージのキャラクターがとても際立って感じられ、大変貴重なテイスティングとなりました。本記事をご購入の目安としてご活用いただけましたら幸いです。
 
 
 最後に6ヴィンテージのコルクの集合写真を。
 
2013-12-05 16.55.31.jpg
 
 2年ごとにデザインが変わっていました!2011年はまた違うデザインになるのでしょうか?
 
 
 今後もテイスティングレポートをお送りしていきます。「このワインも!」というご要望がございましたらぜひお知らせ下さい。お待ちしております!

 

« 前の記事 |  このブログのトップへ  | 次の記事 »